女性の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れやカレイ、ストレス等様々

 薄毛に関する悩みを抱えているのは、男性だけではありません。

女性の中にも、薄毛に関してお悩みの方は沢山いらっしゃいます。

 そして男性の薄毛の原因のほとんどがAGAであるのに対して、女性の場合、様々な原因によって薄毛の症状が出ています。

そのため女性の薄毛対策をするためにはまず、その原因を解明するところから始めなければなりません。

 そこで今回は、http://www.thaiertiga.com/を参考に女性の薄毛の原因についてご紹介させていただきます。

・加齢

 人は年齢を重ねてくると、ヘアサイクルが乱れてきます。

成長期が短くなるとともに、退行期や休止期が長くなってしまうのです。

 そしてその結果、髪の毛のハリやコシが失われたり、髪の毛の定着力が落ちて抜け毛の量が増えてしまったりするというわけです。

・ホルモンバランスの乱れ

 女性は更年期に差し掛かると、女性ホルモンの分泌量が急激に低下してしまいます。

女性ホルモンには髪の毛の成長をサポートしたり髪の毛の定着力を強化したりする作用があるため、この量が減少すると抜け毛の量が増えてしまうのです。

 ちなみに年齢とともに髪の毛が細くなってしまうのも、ホルモンバランスの乱れが原因であるといわれています。

・ストレス

 40代、50代の女性は、人間関係や仕事関係、家庭内等において様々なストレスを抱えています。

 そしてそれらのストレスがたまってくると、ホルモンバランスや血流に様々な影響が出るようになり、場合によっては髪の毛が抜けてしまうことがあります。

 このほかにも女性の薄毛の原因には、頭皮トラブルや過度なダイエット、」良くない生活習慣など様々な要素が挙げられます。